コンテンツの消費

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

ふつうのにっき

ふつうってなに、まともってなに、とは漫画「にいちゃん」の帯に書いてあった文言。映画の話 なんども繰り返しているが、「君の名前で僕を呼んで」という映画がとても素晴らしかった。 字幕と吹き替え、両方で観た。こんなの初めて。 感想は散々書き綴ったが…

最近観た映画まとめ

容赦のないネタバレバグダッド・カフェ 「どんな映画?」と聞かれると大変に難しいのだけれど、とても優しい映画だった。ザ・シェイプ・オブ・ウォーター 大人のためのおとぎ話。 「いくらおとぎ話といえどそれはそれで大丈夫なのか」とハラハラしたりしなか…

ゴールデンカムイを読んで国立民族学博物館に行ってきたよ

副題:「博物館で見た展示品」が(架空の)エピソード記憶に変わった日のこと、漫画「ゴールデンカムイ」と国立民族学博物館の話。国立民族学博物館をご存知だろうか。 国立民族学博物館国立民族学博物館とは、太陽の塔でお馴染みの大阪は万博記念公園にある…

映画感想文「君の名前で僕を呼んで」

最初は短くネタバレなく、途中で注意喚起ののちストーリーに言及します。「君の名前で僕を呼んで」を観てきた。 確か、「シェイプオブウォーター」を観に行った時に予告編を観た覚えがある。 バックに流れるピアノの音が印象的で、美しい田舎の景色も心に残…

杉元佐一の好きなところを綴る

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: 野田サトル出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/01/19メディア: コミックこの商品を含むブログ (21件) を見る今更ながらに「ゴールデンカムイ」を読んだ。 息切れしながら「あああああああああ」と膝を…

読書感想文「車輪の下」

「心を殺す」ことは、肉体的な死に先行した死であると思った。「中学生におススメ!」との帯がついた世界的名作だが、読んだことがなかったので、真面目に読んだ。真面目だから。小さな町始まって以来の秀才であるハンス少年は、少年時代のあらゆる美しいも…

世界遺産検定3級に合格した話

(役に立つ勉強法などは書かないので、そういうのを探してる人は他のサイトへどうぞ)世界遺産検定3級を受験し、合格した。 ぶっちゃけ「まあ受かるでしょ」と思っていたので喜びはそこそこ。だってたくさん勉強したもん。世界遺産検定と私 世界遺産検定|NP…

好きなものを作った人に好きだと伝えることができるのは、どれ程尊いことか2018

好きで好きで好きで好きで仕方のない漫画を描く人に「大好きです」と面と向かって伝える機会を得た。好きなものを作った人に好きだと伝えることができるのは、どれ程尊いことか - 白昼夢、或いは全部勘違い詳しいことは勿体無くて書けない。 ああ、書けない…

「絶対絶望絶好調」のMVと昔のはなし

私が大森さんのライブを初めて見たのが2013年3月。 メジャーデビューが発表されたのが2014年3月リキッドルーム。 初めて長崎でライブをしてくれたのが2014年9月。 メジャーデビューシングルが発売されたのが2014年9月。 「ああ、大森さんってメジャーデビュ…

読書感想メモ「霊応ゲーム」

(あらすじとか結末とか言及する)霊応ゲーム (ハヤカワ文庫NV)作者: パトリックレドモンド,Patrick Redmond,広瀬順弘出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/05/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る きみに手出しをしようなんてやつはだれも…

2018年2月に書いた!「絶対少女」(2013年12月発売)全曲感想文

レビューを書こうと思ったが感想文になったのでブログに書く。私の思う、「大森さん」から「超歌手」への変遷は以下の通りだ。 -----ナマモノ------ 大森さん 「魔法が使えないなら死にたい」 -----冷凍保存------ 大森靖子 「絶対少女」「洗脳」 -----過渡…

最近買った漫画と、人と人の話

最近、「人と人が交流するとはなにか」を考えている。 他人は他人だ。違う生き物だし、何を考えているか知ることはできない。 仮に知ったとしても、それを正しく理解することも出来ない。 「違う」を「違う」のままにしておくことのできる、「理解」に基づか…

2017年の話

昔の記事を眺めていたら、2016年のことがメモしてあったので今更だが2017年のことをメモしておく。ライブ(お手伝い) 大森靖子の京都旅行@京都文化博物館(4/1) 最近、企画やってないな。 やりたいことはいくらでもある。ライブ(楽しい) TOKYO BLACK HOL…

ふつうのにっき

いつも論評気取りの考察気取りばかり書いているので、たまには日常を記録しようと思った。万年筆のこと 少し前から万年筆を使っている。 プレピーから初めて、プレジール。 ラズベリーブラックというインクがとても気に入っている。 満足しているのでそれ以…

大森靖子を襲名するということ

しゅうめい 【襲名】 《名・ス他》親の名や師匠の芸名をつぐこと。 大森靖子を襲名することになった。 訳がわからない人はこちらを参照のこと。大森靖子 公式ブログ - 襲名 - Powered by LINE 大森靖子 公式ブログ - 披露 - Powered by LINE 大森靖子 公式ブ…

音楽くらいは魔法であってくれよと願う私と、音楽を魔法たらしめんとする西の魔女のこと

音 楽 は 魔 法 で は な い ・ 大森靖子 - YouTube「音楽は魔法ではない」を巡る世間のことは置いておいて、伝えたい事は以下の3点。 「音楽は魔法ではない」という言葉に、私がどれほど救われたか 「でも音楽は...」のその先 「音楽の魔法」とは何か 本当…

大森靖子「draw (A) drow」によせて(歌詞を好きに壊す試み)

大森靖子「draw (A) drow」(Music Video / 千葉雄大Ver.)この、難解と呼ばれる歌詞を考える。 主たる正解は以下のインタビューを参照したらよいが、私は私で好きに壊して遊ぼうと思う。 kerastyle.jp友人から「短めでよろしく」と言われたが、いつも以上に…

BL is DOPE!! vol.5の記録

11/18、トークイベント「BL is DOPE!! vol.5」に参加(ただの聴衆なのだけど、参加という気持ち)してきた記録。私は5回目にして初。だってトーキョー、遠いんだもの。 これを読んでいる主に東京圏の漫画読みの方には、BLというジャンルの読者である無しに関…

大森靖子「流星ヘブン」によせて(一瞬でもいいから追いつくために)

大森靖子「流星ヘブン[零]」Music Video - YouTube大森靖子、ほぼ弾き語り的なほぼベスト的なアルバム『MUTEKI』(2017年9月27日発売)。 本作に収録されている、弾き語りでもなく再録でもない新曲、「流星ヘブン」について。 「大森さんがavexから出した曲…

「わたし」を構築する「わたしみ」、「わたし」が構築した「わたしみ」

大森靖子「わたしみ」Music Video - YouTube大森靖子ちゃんの新曲「わたしみ」が公開されたので、 「わたしみ」という言葉と、「わたしみ」の歌詞について思ったことを。「●●み」という表現 私が初めてこの表現を見たのは「バブみを感じてオギャる」という構…

愛人形と偶像崇拝、消費されないものはなにか

オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」を観に行った。 オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」 | Schedule - スケジュール | アツコバルー ATSUKOBAROUH arts drinks talkラブドールの思い出と、感想、あと考えたことをつづる。平々凡々な女…

大森靖子ちゃんが、「あゆが好き」と言うことについて

あゆ、浜崎あゆみ。 歌手というかアーティストというか、むしろ「歌姫」だ。「あゆが好き」と大森さんが言っているのを初めて聞いたとき、多分2013年、3つくらいの意味で驚いた。ひとつめは、インディーズのミュージシャン(当時)が、こんなにメジャーなJ-P…

脊髄反射の全肯定は無視と同じだけれど、南くんについて

中学生の時。同じクラスの男の子と、何の気なしに好きなミュージシャンの話をしていた。 当時から盲目拗らせ神格化、彼らの良さをわかっているのは私だけ、簡単に言うと同担拒否の片鱗が見える女子中学生だった私は、 「あの人たちの曲は本当に全部サイコー…

「最初から希望とか歌っておけばよかったわ」と思っているのは誰なのか

最初から希望とか歌っておけばよかったわ 大森靖子「TOKYO BLACK HOLE」MusicClip - YouTube大森さんが3年ほど前のインタビューで、自身のファンの女の子について、以下のように述べていた。 モデル頑張ってますとか、大森さん見てるとやる気出ますみたいな…

ワンルームの魔法と恋の話

恋の話がしたい (MARBLE COMICS)作者: ヤマシタトモコ出版社/メーカー: 東京漫画社発売日: 2014/09/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る「恋の話がしたい」というタイトルだけでもう胸がいっぱいになるこの表紙、 の、ときめきのはるか斜め上を…

「いつまでも眺めていられる美しいものが家の中にある」ということ

或る日突然、夫が「絵を買った。そのうち届くから。」と言った。青柳カヲルさんの素描だ。 Bunny Sings Point絵画には疎い。 家に絵画があるのは初めてだった。インターネットで観るのとは全く別物の作品、本物が目の前にあることにドキドキした。 絵を見て…

花を愛でている私が好き、なのではない

花が好きだ。 頻繁に買ったり育てたりはしていないが、家に花を飾るのも、庭園を見に行くのも好きだ。夫は、私の誕生日や結婚記念日に花束をくれる。 大抵の人は花が好きなのだと思っていた。 なので、花束をもらったことがとても嬉しく、友達に「これ、誕生…

好きなものを作った人に好きだと伝えることができるのは、どれ程尊いことか

好きで好きで好きで仕方のない漫画を描く人がいる。 名前や作品名はここには書かない。 ネットでひっそり漫画を公開している人だからだ。 反響が大きくなると引っ込んでしまう時もある、本当に漫画を描くことが好きで好きで仕方のない人。私がどのくらいその…

ねぇ、愛を証明して?

にいちゃん (Canna Comics) 作者: はらだ 出版社/メーカー: プランタン出版 発売日: 2017/04/28 メディア: コミック この商品を含むブログを見る (1ミリたりともネタバレが許せない人は読まないほうが良い。)はらだ先生の「にいちゃん」を読んだ。ボーイズ…

客体化される自分を象徴する「女の子だけもらえるポケットティッシュ」

女の子だけもらえるポケットティッシュ 私のおまもり 汚れてもいいの 「新宿」で「女の子だけもらえるポケットティッシュ」といえば、 「女性性」を売り物にした産業へ勧誘するティッシュだろう。 ガールズバーやチャットレディやフロアレディの勧誘のポケッ…