コンテンツの消費

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

花を愛でている私が好き、なのではない

花が好きだ。
頻繁に買ったり育てたりはしていないが、家に花を飾るのも、庭園を見に行くのも好きだ。

夫は、私の誕生日や結婚記念日に花束をくれる。
大抵の人は花が好きなのだと思っていた。
なので、花束をもらったことがとても嬉しく、友達に「これ、誕生日に貰ったの」と写真を見せた。
「わあ、綺麗だね」と言ってくれるものと思ったが、「花束貰って嬉しいんだね、意外。」と思わぬ返答があった。
「花束なんて、誰でも嬉しいんじゃないの?」と不思議がる私に、居合わせた友達は皆「綺麗だけど、そんなに欲しくない」と教えてくれた。
「どうせなら、形に残るものとか、消え物なら実用的なものがいいな」というのが私以外の意見だった。

結構な短期間でなくなる、瞬間的な美しさに結構なお金を払うこと。
成る程、非効率的だ。

親戚に生花の先生がいるので、花を愛でることがそれなりに身近だった。
子どもの頃にちゃんと生花を習っておけばよかった、というのは今も後悔している。
そのお家では、生花のことを生花や華道ではなく「お花」と呼んでいた。
お花の先生、お花のお稽古、お花の教本。
「お花の妖精」の類のようで、なんだか可愛い。

誰でもかれでも花を愛でているのではない、と知って以来、「花が好きなの、」と言われるのが嫌になってしまった。
言外に感じる「似合わない」も、「花が好きな私(笑)かよ」も、私の被害妄想かもしれないが、あんまり人に言うことではないんだろうな、と思った。
人に言わないほうがいいことばっかりだ。

花が好きなのと同じくらい、花を貰うことが好きだ。
私に花をくれる人は世界に夫しかいない。
花束は、いつか枯れてしまう。
なくなるとわかっているものを、私が喜ぶからという理由で贈ってくれるのが、とても嬉しい。

花を愛でることのハードルはそんなに高くない。
家の中に綺麗なものがあるのは気持ちの良いことなので、花を飾って暮らしていきたい。


なぜこんなことを書いているかというと、先日絵画を夫が購入したが、家の中に花以外の綺麗なものがあるのがとても新鮮だったので、
まずは花のことを書き留めておこうと思ったのだ。