白昼夢、或いは全部勘違い

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

大森靖子ちゃんという祈りに寄せた殴り書き

心を込めた、段取りのある、入念な準備や修練を重ねた祈りだって、きっと尊い
でも私が手が攣りそうになりながらフリック入力するこれだってきっと祈りだ。

なんでそんなに自分の「音楽」と向き合う姿勢にみんな自信がないんだろう、というのが私の率直な気持ちだ。
誰かなんて言ったって、自分と音楽は一対一でしかないのに、他人の言葉に左右なんてされなくていいのに。
聴いたこともないミュージシャンの言動に一喜一憂してる時間があれば、もっと自分の中にある音楽と向き合えばいいのに。
それでも許せないというなら、向き合って、咀嚼して、それから吐き出せばきっと意義のあるものになると私は信じている。
それが身を結ばないことはあるし、人と人の思想は初めから断絶している。他人だし。

Twitterに殴り書きしたものを、ソフト殴り書きに改変する。
残しておきたいと思ったから。

正直なところ、他意はなく「音楽に救われた!」って言える人のことがうらやましい。
私は「音楽なんか好きにならなかったらよかったのに」って思う出来事ばっかりだった。
それでもすがりつく先が音楽だったから息苦しかった。

そこに大森さんが「魔法が使えないなら死にたい」を冠して「音楽を捨てよ、そして音楽へ」の中で「音楽は魔法ではない」「でも音楽は…」と歌いながらやってきた。
それ以来、私の「お気に入り使い古した絶望」はちょっとずつ昇天していっている、ような気がする。
魘される夏はなくならないけれど。

「音楽で人を救える」と思っている人は、音楽なんかもういらないって思ったことないのかな。
だとしたら本当に煽りなく、運のいい人だなと思う。
音楽で人は救えないなんて私は初めから知ってたし、それでも音楽にへばりついてるから、いつもズタボロだった。
「私なんかが音楽のような尊いものを好きでいていいはずがない」と思いながらCDを積み重ねた。
それを初めて言葉にしてくれた、「私が思ってたのはこれだ」という気持ちになったのが大森さんの音楽だった。
大森さんが「救えない」「魔法ではない」って歌うほど、私は音楽に救われた気持ちになる。
そんなにややこしい話でもないと思うんだけど。
わかるかな、わかんなくていいよ。

そっとしておいてくれ、イヤフォンを嵌めた時だけは、カタコンベにいるような気持ちだ。
ただ、あなたは自信がないのかなって私は思うから、もしよかったら隣のカタコンベに一度足を運んでみたらいいんじゃないのかな、と思うよ。

一言感想フォーム
それでも話をしよう